ぱっと見テクニカル評判

原油相場について

最近のニュースはどこもギリシャ問題について触れている事が多くその深刻さがうかがわせられます。
ギリシャ問題によって世界中の株価が暴落している現状ではありますが、今後のギリシャの国民投票次第では更なる経済悪化の懸念が報道されています。

国民投票によってはデフォルトと言う事もあり、デフォルトとなれば世界中の株価が一気に急落するのではないかとの懸念があります。
近年では日本でも金やプラチナの買い取り業者が増加傾向にありましたが、ここ最近では金やプラチナの相場も下落傾向にあるようです。
また原油相場についても下落傾向という状況なのです。
ガソリンや灯油の値段が下がっていないのに原油相場については下落傾向なの?と疑問に感じる方もいると思いますが、原油は日本に入って来て石油やガソリンとして製造した時点での値段になります。

その為現在の原油相場については下落傾向にあっても、過去の原油相場によっての値段となるためそのような事態となるわけなのです。また原油相場については世界の需要と供給によって変動します。
今後の動向としては石油や天然ガスに代わる代替エネルギー不足から原油相場も上昇するのではないかとも言われていますが、今のところはギリシャ問題により世界中の経済が困難ですので今後の行方が気になる所です。

Copyright 2011 ぱっと見テクニカル評判, Inc.